相続相談は生前から

自分の遺産は遺族で仲良く分配してくれるだろうというイメージをもっているかもしれませんが、自分が死んだ後のことは何が起こってくるかわからないものです。自分の残した遺産が原因で家族が不仲になってしまっては、哀しい気分になってしまうことでしょう。

そのための方法として、遺言書を残しておくというのは非常にスマートな方法です。遺言書は自分で勝手に作って家族に残しても法律的な根拠がありませんので、正しい方法で作っておくことが必要になります。遺言書はそれほど難しい手続きをとらなくても作成することが可能ですので、必要に応じて生前から用意しておくことはお勧めの方法になります。

また、自分の遺産の管理を信託銀行に依頼するということも考えられます。遺産の相続や管理は手続きが面倒で大きなストレスを遺族に与えてしまうかもしれません。自分の遺産の管理を信託銀行にあらかじめ依頼しておけば、全ての手続きを代行してもらえるようになります。遺族は、手続きによって分配された遺産をただ受け取ることが出来るようになるので便利です。故人が莫大な財産を遺していくような場合にはこのような信託銀行に遺産の管理を依頼してしまう方法も視野に入れておくといいでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket