相続相談を司法書士に

相続税の支払いの必要も無く更には、裁判などで遺産の分配について争う必要も無い場合には、相続について司法書士に相談する方法も考えられます。司法書士の方は、不動産の名義変更をする資格を持っていますので、遺産相続において不動産の名義変更だけでよい場合には司法書士に仕事を依頼するのはお勧めになります。名義変更を行った際には登録登記を行うことを忘れずに行っておくことが必要です。

一方で、税理士は登録登記の作業を行うことが出来ません。この作業は司法書士の方の専権事項ですので、相続においてあらかじめ登録登記の必用が考えられる場合には、司法書士の方に相談して手続きをスムーズに進めていけるようにするといいでしょう。

司法書士の方は、相続放棄の手続き代行をすることも可能です。相続する財産の中に借金などがあって、相続することにメリットがない場合には、司法書士の方に依頼をして相続放棄を選ぶことも出来るようになっています。また、銀行や証券などの財産の継承手続きも司法書士の方が対応してくれますので、相談してみるといいでしょう。高額な相続ではなく、係争にならない場合には司法書士の方に相続の案件を依頼するのが一番賢明といえます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket