相続相談を税理士に

相続相談を税理士にするのは、相続税が発生した時にはとても有効な方法になります。なぜならば、相続税の申告は税理士の専権事項ですので、相続税が発生する場合には税理士さんに相談することが必要になります。といっても、相続税が発生しないような相続の場合もありますので、必ずしも税理士さんに相談する必要はないかもしれませんが、多額の資産を相続するような場合には税理士さんの助けを得たほうが無難であるといえます。また、遺族の間で資産をどのように分けるかによっても、相続税の額が決まってきます。不明の点がある場合には税理士さんにすべてを問い合わせて、任せてしまうといいでしょう。

税理士さんはもちろん相続税についての知識は持ち合わせていますが、これまでどのくらいの相続税の案件を扱ってきたかで、案件の処理能力が変わってきてしまいます。ですから、自分の相続税の案件を税理士さんに依頼する際には、これまで多くの相続税の案件を扱ってきたという実績を多く有している税理士さんに仕事を依頼しないといたずらに処理に時間がかかってしまうことになるので注意が必要になります。多くの案件に対処してきた税理士さんであれば、節税のポイントを熟知していることになりますので、必要非常に多くの相続税を納めなくていいことになることが期待できます。また、税理士さんに自分の相続税の仕事を依頼しておけば、税務調査が入る可能性が著しく低くなるので、便利です。

《関連リンク》ソレイユ相続相談室
相続専門の相談をしてもらえる税理士事務所です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket