相続相談を弁護士に

相続の相談を弁護士にしたほうがいい場合もあります。複数の相続人がいて、相続財産の分配についてお互いに折り合いがつかない時には弁護士に相談するのがお勧めです。遺産の相続についての折り合いがつかないときに行う裁判での調停などの際には弁護士でないと本人の代理人になることができませんので、そのような場合には弁護士さんに対応をお願いするといいでしょう。しかしながら、多くの場合において弁護士さんに依頼をして裁判所での調停を行っても、一般的に定められている法定の分配法が提示されることが多いこともありますので、不当に自分の相続分が少ない場合以外は、裁判所で争ってもメリットはなきことも多くなります。更には、多くの時間を割くことも必要になってしまいます。

更には、弁護士さんに相続の仕事を依頼すると費用が高くなってしまうことが多いので、その点も気を付けてなくてはなりません。遺産の分配をするのは多くの場合において身内ですので、骨肉の争うにならないような円満な対応をはじめから考えておくほうが無難であることも多くなります。お金が原因で親戚の間に溝が入ってしまうようなことは避けたほうがいいでしょう。故人を悲しませる結果になってしまいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket